令和2年度 ジェンダー問題 調査・研究支援事業 報告書を発行しました!

ムーブが支援した市民グループや研究者の報告書です。

令和2年度の研究テーマは

「女性研究者の研究と育児の両立における葛藤と課題:福岡県内の大学を対象として」です。

 

令和2年度 ジェンダー問題 調査・研究支援事業報告書

 

〈内 容〉

福岡県内の大学において出産・育児を体験している女性研究者を対象としてインタビュー調査を行いました。この調査から、研究と育児の両立についての現状や、研究者として仕事を続けていくうえでの課題を報告し、育児中の女性研究者への支援制度のあり方や問題解決のための取り組みについて提言しています。

 

平成30年度ジェンダー問題調査・研究支援事業 報告書を発行しました!

平成30年度 ジェンダー問題調査・研究支援事業報告書

「SNS時代におけるオリンピック報道~選手のダイバーシティはいかに表象されたか~」

〈内 容〉

現代のオリンピック報道の課題は、マス・メディアを通してだけではなく、選手自らが発信する情報に触れることが出来るようになったSNS時代において、私たち視聴者や選手が情報を受け取るだけでなく、マス・メディアとどう関わっていくかということだと考えます。

そこで、今回の研究では、リオオリンピックのテレビニュースの内容分析や日本代表選手とテレビニュース制作者へのインタビュー調査を通して、リオオリンピック報道に選手のダイバーシティがどのように提示されたかを明らかにし、テレビニュース制作者、視聴者、選手の三者による新しいコミュニケーションの在り方について提言を行いました。

 平成30年度ジェンダー問題 調査・研究支援事業報告書.pdf

平成29年度ジェンダー問題調査・研究支援事業 報告書を発行しました!

ムーブが支援した市民グループや研究者の報告書です。

平成29年度は

「建設産業の男女共同参画推進実態調査」です。

 

平成29年度 ジェンダー問題調査・研究支援事業報告書

 

   〈内 容〉

建設建築系の高校や大学へ進学する女子は増えているのに、建設産業界で働く女性は少ない。
どうすれば建設産業に女性が就職し、働き続けることができるのか、建設産業の企業経営者と従業員を
対象にアンケート調査を行い、女性の参画が進まない建設産業の実態と、課題について報告し、その解決策を提言した。