「若年層の性暴力被害予防月間」および「成年年齢引下げ」に関するお知らせ

NEW

「若年層の性暴力被害予防月間」および

「成年年齢引下げに伴う性暴力被害の予防」について

 

 昨年度から4月は「若年層の性暴力被害予防月間」に定められています。4月は進学・就職に伴い、若年層の生活環境が大きく変わり、被害に遭うリスクが高まる時期です。

 

 性犯罪・性暴力は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、心身に長期にわたり重大な悪影響を及ぼします。若年層へのそれは10代から20代の未熟に付け込んだ重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

 

 期間中は若年層が性暴力の加害者、被害者、傍観者にならないための取り組みが集中的に実施されます。

 

なお、性暴力・性犯罪に関する相談は下記でもお受けしています。

 

▶ 性暴力被害者支援センター・ふくおか

      092-409-8100

   24時間・365日(年中無休)

 

▶ 性別による人権侵害相談

    (男女共同参画センター・ムーブ)

      093-583-3663

  火~日9:30~17:00(所内整理日・祝日・年末年始除く)

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 令和4年4月1日から成年年齢が18才に引き下げられます。これに伴い18才、19才の方は、親の同意なしでも契約ができるようになりますが、未成年であることを理由とした契約の取り消しができなくなります。こうした中で、性的な行為の撮影をするという認識がないまま契約し、撮影を強要される問題についても、より一層の注意が必要となります。「どうしよう」と思ったら、ひとりで悩まずご相談ください。

 

 

  詳しくはリーフレットをご覧ください。

 

R4年度 若年層の性暴力予防月間リーフレット